音楽業界ゲストや講師陣のご紹介 MPJメンバーはコチラ⇒

 割田康彦氏  音楽プロデューサー/作曲家

いつの間にやら朝生さん(MPJ)とのお付き合いは20年を超えてしまいました。その間、作曲講座・作詞講座・劇伴講座・個別指導・ワークショップ・デモピッチなどなど、様々な形で関わらせていただきました。拙著『一発で記憶に残る曲を作る! 9つのルール』で披露している《作曲秘法》はこれらの講座やワークショップの存在なしには誕生し得ませんでした。またこれらの講座等において数多くの音楽家と出会い、微力ながら皆様の作品や才能を世に送り出すお手伝いをさせていただくことができました。MPJの最大の売りは《出会い》です。同じ立場&同じ夢を持つ他人との出会いは「刺激」と「やる気」をもたらします。是非このMPJで「切磋琢磨し合える仲間」を探し出していただけると幸いです。

<プロフィール> 平井堅、SMAP、光GENJI、勇者ヨシヒコと導かれし七人(ミュージカル曲)、吉野家CM、乃木坂46舞台、シソンヌLIVE、コナミ「ときめきアイドル」、コナミ「ダンキラ」、ヤマハ「MusiClavies」など。J-POP、アイドル、声優、テレビ、舞台、ゲーム、お笑いからクラシックに至るまで、ありとあらゆるをジャンルを完全網羅。作曲本《一発で記憶に残る曲を作る! 9つのルール》がロングセールスを記録中。

 

周防義和氏 作曲編曲家ミュージシャン 

MPJ映像音楽作曲セミナーではアマチュアからプロまで多彩な方々が受講されていて刺激的です。映画音楽、劇伴奏音楽の具体的な映像への作曲アプローチ、ドラマの読み取り方、独自にカテゴリー分けした劇伴の役割等、解説します。自ら手がけたものから題材にしたり、生楽器の起用の仕方等、実践的なコンポーザーへ進化すべく濃~い内容にしたいと思います。作曲課題を出題してそれに対してのコメントをさせてもらいます。

 日本アカデミー賞音楽賞4度受賞(うち2回は最優秀賞)毎日映画コンクール音楽賞受賞。映画『Shall we ダンス?』『カツベン!』『舞妓はレディ』『超高速!参勤交代』その他多くの音楽担当。ソロアルバムやユニット活動、1200本のCMを作編曲。作曲編曲理論のCDブック執筆。名古屋学芸大学客員教授。大阪スクールオブミュージック特別講師。

 

加茂啓太郎氏 ソニー・ミュージックエンタテインメント プロデューサー

最初にMPJ(朝生さん)に出会ったのはもう20年位前でしょうか。素晴らしい新人とスタッフが出会える場所だなと思いました。「音楽」という才能は自分のプレゼンテーションの能力がなければ、どんなに優れていても認められないという 芸術です。音楽のプロフェッショナルを目指す方は是非MPJで新しい出会いを探してください。

~メッセージ~

音楽の才能はどこから来るのか、良い音楽とはどういう物か考え、探し続けていますが、未だに分からないです。その答えを皆さんと一緒にいつか見つけたいと思います。

*東芝EMI&ユニバーサル・ミュージック在籍時にウルフルズ、氣志團、ナンバーガール、ベースボールベアー、相対性理論、Mrs Green Apple等を発掘,育成する。現在はソニー・ミュージックエンタテインメントでフィロソフィーのダンスのプロデュースとマネージメントを担当。

 

菱田 信氏  株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント 制作3部プロデューサー(演歌・歌謡曲全般)

代表の朝生さんとはMPJの前身である東京ソングライターズクラブの時代からお付き合いさせて頂いております。

当時僕はA&R開発室というビクターの新人発掘セクションに在籍しており、オーディションや作品コンペなどの話を基にいろいろと情報交換をさせて頂きましたが、その後現職になってからも「DEMO PITCH」や「演歌作詩講座」などで継続的にお伺いさせてもらっております。かれこれ20年以上!

MPJの会員さんの特色と言えば「活きのいい人が多い」ことですね。そして一見「扱いづらい」と思われる人が多い(失礼!・・・笑)。ただし、そういう人にこそ「プロへの最短距離の道筋」をアドバイスするというのが僕たちの仕事の醍醐味でもあり・・・MPJは僕たちの視点からすると「手間はかかるがそのぶん目標達成した時の喜びは大きい」というような素材が豊富な集団、言い換えれば「未完成だが、もしかしたら・・・」と思わせる人が突如現れる可能性を秘めたコミュニティなのではないかと思います。

ここで、毎回MPJに伺うたびに会員の皆さんにお話させてもらっていることを一つ。

ワンチャンスで一気に駆け登れるに越したことはありませんが、そんな人はごく少数で、大半の人は「一度夢見てしまった目標に果敢にチャレンジし続けている」ものと思います。もちろん、そのことを全く恥じる必要はないし、大いに「一発逆転」を目指して頂きたいと思います。そのためにも、【とにかく「続ける」こと。そして出来る限り「楽しく音楽活動の日々を過ごす」こと。】

何年も後になって「あの頃はホントに“がむしゃら”に音楽をやってたよね」と音楽仲間と振り返れるような日々を送ることが出来たら、それだけでも「かけがえのない財産」なのではないかと思いますし、そもそもそういう人には結果もついて来ているケースが多いかと・・・この世界、そんなものなのではないでしょうか?

これからも頑張って下さい。

  

サエキけんぞう氏 (有)パールネット

アメリカのソングライターズクラブというシステムのアイデアはとても素晴らしいものだと思いました。 それを日本で、という情熱は、今や実を結び、大変素晴らしい音楽コミュニティに成長したようです。 歌は、一人で自問自答するものではなく、人に聴いてもらい、人から刺激を受けて、さらに生まれる ものです。このMPJで、みなさんが交流し、素晴らしい歌が生まれることを祈っています。

1980年ハルメンズ「近代体操」でデビュー、86年よりパール兄弟「未来はパール」以降約10アルバム。2003年「宇宙旅行」で復活。2006年「ダークサイドにようこそ」03、4年仏で2枚ソロCD発売2回仏ツアー.。作詞家:モーニング娘「愛の種」他。主著書「歯科医のロック」最新刊「さよなら!セブンティーズ」(クリタ舎)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA